文字サイズ

ホリエモン 格付けGACKT無敗理由の一端明かす 過去にタッグ「プレッシャー凄い」

 ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏が2日、ツイッターを更新し、テレビ朝日系人気正月特番「芸能人格付けチェック」に無敗王者・GACKTと組んで出場した際に感じたGACKTのすごさを明かした。

 ホリエモンは17年の格付けチェックにGACKTのパートナーとして出演。高級バイオリンの音を聞き分けられず、間違えてしまったという過去がある。

 ホリエモンは当時を振り返り、牛肉などの味をチェックする際「あれ、1ミリ角くらいしか量でないのに普通に考えたらわかるわけないじゃん」と、量の少なさを指摘。それでも「GACKTさんの凄いところはそれをメタ推理すりゃいいんだと最初から看破したことね」とGACKTが無敗を続ける理由の一端を紹介。メタ推理とは、小説やゲームの中で、本筋から得られる情報よりも高い次元の情報を材料に推理することを指す。

 ホリエモンもバイオリンの格付けの際GACKTからアドバイスを受けていたという。「俺も最初の問題stradivariusの音圧が凄いところだけ聴いてりゃいいって彼に言われて俄に信じられなかったから間違えた」と、音の美しさという本筋ではなく、音圧という“メタ推理”を信じ切れずに間違えてしまったと告白。「本物の演奏はド下手で偽物は上手かった」と振り返ったが「音圧は間違いなく凄かった」とGACKTの言う通りだったと認めた。

 その後のツイッターでは出演をOKした経緯について「ってかGACKTさんのライブ終わり楽屋で『出てよ』っていわれて軽い気持ちでOKしたけど、出るまで番組観たことなかったんだよね笑。観てたらOKしなかったわ笑。GACKTさんのプレッシャー凄いから」と、無敗王者の格付けにかける思いも明かしていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス