文字サイズ

藤原紀香 舞台ポスター撮影現場で夫・愛之助が見せたかいがいしさ

 女優・藤原紀香(47)が12日、都内で行われた「二月競春名作喜劇公演」(来年2月2日初日、東京・新橋演舞場)の会見に出席した。今年で創始130年の新派と創立70周年の松竹新喜劇の合わせて200年を記念したもので、紀香は「華の太夫道中」にゲスト出演し、初の太夫役となる喜美太夫(きみ子)を演じる。新派と松竹新喜劇に出演するのも初めて。

 紀香は役柄をイメージした前面に浮世絵風のおいらんを描いた白のミニワンピース姿で登場。「桂由美さんのサロンでマネキンに飾ってあったもので、これしかないと思いました。1点もの?そうだと思います」と明かした。

 おいらん姿のポスター撮影は夏場に行ったが、撮影現場には夫の歌舞伎俳優・片岡愛之助(46)も姿を見せ、渋谷天外(64)が「かんざしや髪の毛直してあげてましたわ」と証言。紀香は「しっかり稽古と向き合って、私の中できみ子を作っていきたい」と誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス