文字サイズ

ASKAの未発表曲「ミヤネ屋」で無断使用、賠償命令で読テレ「お詫びします」

 歌手のASKA(60)が読売テレビと芸能リポーターの井上公造氏に対し、自身の未発表の楽曲が放送され、著作権および著作者人格権(公衆送信権および公表権)が侵害されたとして損害賠償を求めた訴訟の判決公判が11日、東京地裁で開かれ、同局などに計117万4000円を支払うよう言い渡した。判決を受け、同局は「ASKA氏をはじめ関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と謝罪のコメントを発表した。

 ASKAは15年12月、「だれにも聞かせないでください」として井上氏に渡した音声データが、自身が覚せい剤取締法違反で逮捕された16年11月28日の「情報ライブ ミヤネ屋」で放送されたとして、音声データを入手し番組に提供した井上氏と番組を制作する同局に対し、約3300万円の損害賠償を求める裁判を17年8月に起こしていた。

 ASKAは音声データが無断で番組で流れたことに怒り、28日の放送終了直後に電話し、「公造さん、曲を流しちゃダメだって」と抗議していた。

 同局によると、東京地裁は「未発表の楽曲を放送する際にASKA氏の許諾を取ったとは認められない」などとして、同局と井上氏に合わせて117万4000円を支払うよう命じた。

 判決を受け、同局は「今回の判決を真摯に受け止めております。ASKA氏をはじめ関係者の皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。今後の対応について慎重に検討したいと考えております」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス