文字サイズ

新喜劇・末成由美 71歳でフルマラソン完走「これでビール飲める」

 末成由美
1枚拡大

 吉本新喜劇の末成由美(71)が25日、大阪市内で行われた「第8回大阪マラソン」に参加し、初挑戦のフルマラソンを6時間49分52秒で完走した。

 午後4時の制限時間ギリギリでゴールに飛び込み「これでビールが飲めるわ!」と歓声を上げた。「2キロ地点くらいから左足がしびれてきた」と、71歳でのフルマラソンは体に相当な負担がかかっていた。しかし「病気の時でも酒を飲む私が、ここ1週間、酒を断った。こんなところで諦められない」と、気力を振り絞って走った。

 大会参加の誘いがあったのが今年夏。それまで、ルームランナーを使った45分間の運動は毎日続けていたが、マラソンは初めてだった。10月に入ってからトレーニングを開始し1キロ、3キロと走行距離を伸ばした。それでも最長距離はわずか13・5キロ。しかし、トレーナーの「これで大丈夫です」の言葉を頼りに、最後まで走り切ることができたという。「あと、沿道から『由美ちゃ~ん!頑張って』と声をかけられて勇気づけられた」。新喜劇の後輩・未知やすえ(55)らも応援に駆けつけたという。

 「もうマラソンはしませんが、大阪万博も来るし、これからもいろんなことをしていきたい」と、元気いっぱいだった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス