文字サイズ

ポルノ 故郷・因島で大雨中止の仕切り直しライブ 母校生徒とコラボ唱で感無量

 瀬戸内海をバックに楽曲を披露するポルノグラフィティの岡野昭仁(左)と新藤晴一=広島県尾道市の因島市民会館
母校・因島高校の後輩とコラボしたポルノグラフィティの新藤晴一(右)と岡野昭仁=広島県尾道市の因島市民会館
2枚2枚

 人気バンド・ポルノグラフィティが20日、9月9日に大雨で中止となった故郷・広島県尾道市での野外ライブの仕切り直しとして、全国100の映画館で行われた上映イベントの一部に、地元の因島市民会館から生出演した。2万5000人が見守ったスクリーンでは9月8日のライブ映像が上映され、岡野昭仁(44)と新藤晴一(44)は母校・因島高校の200人とコラボした「愛が呼ぶほうへ」など全8曲を披露した。

 後輩たちの夢をかなえた。この日、冒頭の生中継で瀬戸内海のきれいな風景をバックに岡野昭仁(44)は「(9月9日に)悔しい思いをして、いろんな方の協力でライブビューイングをやることになった」と意気込みを明かし、その後、新藤晴一(44)とともに感無量の面持ちで後輩と「愛が-」を合唱した。

 今年3月、同校の卒業式で2人がサプライズライブを行った縁で立ち上がった企画の断念は、後輩に直接伝えた。岡野が言葉に詰まりながらも告げると、生徒から「歌って!」の声が。2人も「ここでみんなで歌おうか!」と応じ、カラオケを使い、その場で合唱していた。約1カ月後、“リベンジ”に成功。岡野は満面の笑みで「因島高校、最高よ!良かった」と後輩を称えた。

 なお、この日の収益は、平成30年7月豪雨の災害復興のための支援金として全額寄付される。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス