文字サイズ

ZOZO前澤社長 プロ野球球団取得は水面下で交渉中

記者会見で質問に答える前澤友作社長=東京・外国特派員協会
1枚拡大

 民間人初の月旅行の客となった株式会社「ZOZO」の前澤友作社長(42)が9日、東京・有楽町の外国特派員協会で会見した。前澤社長は9月に米宇宙ベンチャー「スペースX」社と契約、2023年に月旅行に行くことになっている。

 会見では前澤社長が以前表明していたプロ野球球団の取得についても質問が飛んだ。

 7月17日のツイッターに「大きな願望」として、「プロ野球球団を持ちたいです。球団経営を通して、ファンや選手や地域の皆さまの笑顔を増やしたい。みんなで作り上げる参加型の野球球団にしたい。シーズンオフ後に球界へ提案するためのプランを作ります」とつづっていた。

 前澤社長は、「まだ何も今日の時点でお話しできないが、思いは持ってる」とあらためて球団経営への意欲を明言。「動いてないことはない。何かあったら、その時点でお話しします」と水面下で各方面と交渉を進めているとした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス