文字サイズ

北川景子 感極まり涙 欅坂・平手との撮影に

「響-HIBIKI-」初日舞台あいさつに登壇した(左から)アヤカ・ウィルソン、欅坂46・平手友梨奈、北川景子=東京・日比谷
「響-HIBIKI-」初日舞台あいさつに登壇した欅坂46・平手友梨奈(左)と北川景子=東京・日比谷
「響-HIBIKI-」初日舞台あいさつに登壇した(左から)月川翔監督、板垣瑞生、アヤカ・ウィルソン、欅坂46・平手友梨奈、北川景子、高嶋政伸、北村有起哉=東京・日比谷
3枚3枚

 欅坂46の平手友梨奈(17)が14日、都内で行われた初主演映画「響-HIBIKI-」の初日舞台あいさつに登壇した。

 圧倒的な文才を持った現役女子高生・響を演じた平手は、響が作品を送った出版社の女性編集者役の北川景子(32)と撮影を通じて意気投合したという。この日も北川が「毎日、連絡を取ってる。何食べたとか」と明かすと、平手も「食べ物の話が多いよね」と同意。北川が「お弁当の写真を送り合った」と言うと、2人で仲良く笑い合った。

 「最近、自分に響いたこと」を聞かれた際も、北川が平手とのエピソードを披露。「初めての映画で、ひーちゃん(平手)が『いい思い出になった』と言ってくれて良かった」と話すと、平手は「いい思い出だったし、いい出会いになった」とうなずいた。

 原作の柳本光晴氏がサプライズの手紙で「響が持つ無自覚な才能と、女の子のかわいらしさを理解してくれた」と平手の演技を絶賛。平手は「原作の方に言われると、自信というか、そうなのかと思っちゃいます」と照れ笑いした。

 それを見た北川は「私はクランクインしたときから(平手は)クリエイティブな精神を持ってるから、映画はこうやって撮るという型にはめるんじゃなく、平手さんの思う通りにやってみたらと思っていた。そうしたら、初日からスパークして輝いて、(本物の)響がいると思った。私はずっと早く皆さんに(今作を)お見せしたいと思っていた」と言うと、感極まって涙を浮かべた。

 最後に平手は、自身を温かく見守る北川をはじめ、登壇したキャスト陣の方を向いて一礼。「本当にすごくいい出会いをさせてもらった」と感謝の思いを口にした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス