文字サイズ

病気治療の道上アナが「おはパソ」復帰 「最新式の75歳になって帰って参りました」

復帰し、取材に応じた道上洋三アナ=大阪・朝日放送ラジオ
1枚拡大

 髄膜腫(ずいまくしゅ)治療などのため休養していた朝日放送テレビの道上洋三アナウンサー(75)が3日、朝日放送ラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」(月~金曜、前6・30)に復帰した。道上アナは7月9日から番組を休演していた。

 「おはようパーソナリティ-」は1977年にスタートした長寿番組。この日の放送では、冒頭で「道上洋三、アップデートして最新式の75歳になって帰って参りました。元気でございます」とあいさつ。「スタジオに帰りたかった。本当に嬉しいです」と復帰への喜びを爆発させた。

 放送後には同局関係者らから復帰を祝福された道上アナ。取材にも応じ、復帰について「待ち遠しいとともにこれしかないと思ってました」と笑顔で語った。

 鹿児島県内の病院に入院し、7月9日から8月30日まで30回に及ぶ陽子線治療を続けた。術前は「ぼんやりしていた」右目の視野が広がったといい、新聞を読むことなどにも支障が無くなったという。道上アナは、入院中は筋トレなどに励んでいたと明かし、「ここ最近ではないくらい健康です」と回復をアピールした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス