文字サイズ

高須院長、体操の会話録音「隠し撮り」「公開していいのか?」…宮川を全面支援

 日本体操協会のパワハラを訴えている女子体操の宮川紗江(18)に全面支援を申し出た高須クリニックの高須克弥院長が1日、ツイッターに新規投稿。塚原千恵子女子強化本部長(71)側が、宮川との会話の録音とされる音声データをテレビ番組に一部提供するなどした対応に関して「宮川選手の許可を取らずに録音して公開していいのか?」と問題視した。

 高須氏は、千恵子氏側の音声データ提供を伝えるニュースを引用し「隠し撮り」と批判した。

 高須氏は宮川が体操協会のパワハラを訴えた直後からツイッターで宮川支援を表明。8月31日に日本テレビ系「スッキリ」に生出演した宮川は、これまでに高須氏と電話で連絡をとり「本当にありがたいです、前向きに検討させて頂きます」と伝えたことを明かしていた。

 一方、テレビ朝日系「報道ステーション」は31日、当事者間の会話を録音したとされる音声データを公開。データは千恵子氏が代理人を通じて番組提供。今後、第三者委員会にも提出するとしている。

 塚原氏側は音声公開について「あくまで会話の状況を聞いていただき、メディアでお伝えされている高圧的ではないということを知って頂きたい」とした。会話を録音した経緯に関して「所属契約をめぐり、宮川選手が弁護士を立てて争っているような状況だったので念のため録音した」としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス