文字サイズ

ちゃおガールに小学5年生 5000人の中からグランプリに、仲里依紗を輩出

 少女漫画雑誌「ちゃお」のモデルとして活動する女の子を選ぶ「ちゃおガール2018☆オーディション」が26日、パシフィコ横浜で行われ、北海道出身の小学5年生・照内心陽(てるうち・こはる)さん(10)が約5000人の応募者の頂点に輝き、グランプリを獲得した。

 女優・仲里依紗(28)や山田杏奈(17)を輩出したオーディションを勝ち抜いた照内さんは、「ここに立っているのが夢みたいでうれしいです。家族や友達に伝えたい」と喜びを語った。受賞後の会見では、ゲスト出演した元グランプリの山田と出席。憧れの女優の名に挙げられた山田は「いい子」と笑い、「感謝の気持ちを持つ」とアドバイスも送っていた。グランプリは今後、16年に結成されたちゃおガールのユニット「Ciao Smiles」のメンバーとして活動する。

 準グランプリは埼玉県出身の大島美優(おおしま・みゆ)さん(8)、福岡県出身の佐野杏羽(さの・ももは)さん(10)、特別賞「instaxチェキ賞」は千葉県出身の駒形茉那(こまがた・まな)さん(10)が受賞した。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス