文字サイズ

上西小百合が芸能活動本格化で女優転向宣言 3カ月で13キロの減量成功

 元衆議院議員の上西小百合(35)がこのほど、都内で取材会を行い、5月から大手芸能事務所に所属していることを明らかにした。今後は当面、コメンテーター業など議員経験を生かした仕事を中心としながら、バラエティー番組などにも出演予定で、女優転身にも強い意欲を示した。

 上西は、事務所所属の経緯を「テレビ等で自分の考えを発信できる場があればいいなと。そうなると個人で活動するのは厳しいという現実があって、5月から正式に契約させていただいた」と説明。芸能活動に向け、議員生活で得たものを「5年間議員をさせていただいたんですけど、度胸はつきましたね。何万人の前でしゃべっても、緊張しないんですよ。自分の意見をはっきり言えるようになった」と明かした。

 その上で「国会議員の間は、税金から歳費をいただいているということで、それなりに活動に制限が…、そう見えてるかは分からないけど、あったんですが、これからは事務所と相談しながらいろんなことに挑戦したい」と意気込みを表明。「これまでは文化人としてテレビに出させていただいてましたが、これからはタレントとして、バラエティーとか、お芝居もできるならさせていただきたい」と夢を口にした。

 現段階では本格的な演技修行をしておらず、「いろんな役者さんのドラマは、ちゃんと見るようになりました」という状況。議員時代に“演技”をしていたかと問われると、「してないです!してたらあんな目にあってないですよ」と、数々の騒動を逆手にとって豪快に笑った。

 それでも「ちゃんとダイエットはしました」と、5月の芸能活動開始から3カ月で13キロの減量に成功し、準備にぬかりはない。理想の女優像については「女優さんの色ばかり出るんじゃなくて、ちゃんと役が演じられる方はすごい」と語った。

 女優・沢尻エリカ(32)になぞらえた“浪速のエリカ様”の異名には「初めて選挙に出たとき、(週刊)文春に書かれたんです」とし、「カメラを向けられることなんてなかったから、嫌で逃げ回ってたんですよ。そういう態度がツンツンしたように見えたんでしょうね」と苦笑い。と今後は女優として共演する可能性もあるが「大丈夫ですかね?私はうれしいですけど」と前向きだった。

 バラエティー番組についても「今までテレビで見てた人に会えるからうれしい」と大歓迎の様子。「みんな私のこと“怒りん坊”だと思っていると思うんですかど、意外に何をされても怒らないんで…。もともと議員なんて、地元で『先生』なんて呼ばれてますけど、地元の人が歌えと言っったらカラオケ一緒にして、踊れと言えば踊る。そういうのは平気ですよ」と、体を張る覚悟も示した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス