文字サイズ

尾上松也「温かい人だった」ドラマで歌丸さん役 冨士子夫人との別れに思いはせる

 弔問に訪れた尾上松也=神奈川・妙蓮寺(落語芸術協会提供)
1枚拡大

 2日に慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため81歳で死去した落語家の桂歌丸(本名・椎名巌=しいな・いわお)さんの告別式が11日、横浜市の妙蓮寺で行われた。師匠の桂米丸(93)、落語協会会長の柳亭市馬(56)、「笑点」の同僚・林家木久扇(80)が弔辞を読み、友人代表として歌舞伎俳優・中村吉右衛門(74)があいさつ。関係者1000人、ファン1500人の計2500人が参列し、長きにわたり大衆に愛された大落語家との最後の別れを惜しんだ。

 2017年にBS日テレのドラマ「BS笑点スペシャル 桂歌丸」で歌丸さん役を演じた歌舞伎俳優の尾上松也(33)は、「すごく温かくて、皆さんから慕われているのがよく分かる師匠でした」と振り返った。ドラマ撮影時に、歌丸さんが現場をサプライズで訪れたエピソードなども告白。「奥さまとの絆が運命的だったので、奥さまとの別れは師匠にとってもおつらいでしょう。寂しいだろうなと思います」と思いをはせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス