文字サイズ

藤井七段 王座戦はベスト4で敗退「ここで敗れたのは自分の力不足」

 最年少棋士の藤井聡太七段(15)が6日、大阪市の関西将棋会館で行われた王座戦挑戦者決定トーナメントの準決勝で斎藤慎太郎七段(25)に敗れた。中村太地王座(30)への挑戦者を決める決定戦まであと1勝だったが届かなかった。

 この日は、タイトル戦に登場したこともある強豪斎藤七段相手に最後まで粘ったが、及ばなかった。

 タイトル挑戦の最年少記録は屋敷伸之九段(46)が持つ17歳10カ月。記録の更新も期待されていたが、最もタイトル挑戦に近かった王座戦はベスト4での敗退が決まった。対局後、藤井七段は「ここで敗れたのは自分の力不足ですけど、収穫もあった」と落胆した様子。その上で「また、それを力に頑張りたい」と話した。

 先月末には竜王戦の本戦でも敗れており、年内にタイトル挑戦者となる可能性が残るのは棋王戦のみになった。

 藤井七段の通算成績は81勝14敗(未放映のテレビ対局を除く)となった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス