文字サイズ

安達祐実「家なき子」ヒットの裏で学校で孤立…靴が花壇に植えられていた

 女優・安達祐実(36)が18日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜、午後9・55)に出演。1994年に日本テレビ系ドラマ「家なき子」が大ヒットした当時、学校で複雑な立場にあったことを告白した。

 番組で当時は「自分の記憶では友達あまりいなくて」と、学校で孤立していたことを明かした。

 安達は「中学に入学した春から『家なき子』が放送されて、みんなドラマを見て(安達を)『相沢すずだ』みたいな感じになるので」と複雑な状況だったことを説明。

 周囲について「今考えれば敵意はなかったのかも知れませんが、当時の私はいじめられている気が満々でした」と振り返った。

 「靴がなくなってて、下駄箱から。花壇に植えられていたりとか」と嫌がらせがあったことを告白。司会のダウンタウン・松本人志が「何がが咲くんやろうね」と同情していた。

 安達は親や担任には相談していたが「先生たちも気遣ってはくれましたが、具体的な改善策がなくて」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス