文字サイズ

涙…岩崎宏美「大スターだった」先輩・西城さんとの思い出を回想

 歌手で女優の岩崎宏美(59)が17日、都内で会見を開き、芸能事務所「芸映プロダクション」時代の先輩にあたる西城さんについて、「かっこよくていい先輩でした。ハスキーで力強い歌声は誰も真似できない」と憧れた背中を思い返した。

 西城さんが入所した3年後の1975年に芸映入りした岩崎は約13年間、同じ事務所で時を過ごした。デビュー2年目に西城さんのショーに出演。本人の歌う姿に、「あまりに格好良くて、ぽーとなりながら、歌手の方たちと『すごいね』と言いながらみていた。大スターだった」と一番の思い出を回想した。

 「ヒデキ」「宏美ちゃん」と呼び合う仲だった。突然の訃報に「全然ピンときてなくて」と感情は追いつかない。家族を残して旅立った西城さんを思うと涙がこみ上げ、「身体が不自由になってからのフィルムは使わないで。歌と真摯に向き合ってきた西城秀樹の思い出が残っている」と切実に訴えていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス