文字サイズ

真木よう子 事務所退社後初の公の場も何も語らず…「不安あるけど笑っとけ」

舞台あいさつを行った真木よう子=都内
1枚拡大

 女優の真木よう子(35)が9日、都内で行われた、主演映画「焼肉ドラゴン」(6月22日公開)の完成披露試写会で舞台あいさつを実施。今年1月中旬に所属事務所「フライングボックス」を退社し、独立して以来、初めて公の場に姿を見せたが、独立については一切触れなかった。

 独立の際は、一部で「待遇面での不満など、泥沼トラブル」と報じられた真木。今作では焼肉店を経営する韓国人3姉妹の長女を演じ、作品について「どんな境遇であっても、ぶつかったり、本音を言い合ったりとか、でもすごく笑い合って助け合いながら、言ってしまえば理想の家族なんだなと思えるぐらいの、最後は心が温かくなる映画だと思う。希望に満ちあふれた作品」と述懐した。

 また、作品のキャッチコピー「たとえ昨日はどんなでも、明日はきっとええ日になる」にちなみ、新生活を前向きに生きる秘けつを問われると、リアルに新生活を迎えている真木は「笑う事」と回答。「不安とかいろいろあるかもしれないけど、考えてもしょうがない。笑っとけと」と続けた。共演の俳優・大泉洋(45)に「普段笑ってます?」と突っ込まれると、「無理やり。笑ったら『ま、いいか』ってなりません?」と返した。

 舞台あいさつ終了後は、報道陣から「独立おめでとうございます」「独立されたお気持ちは」などと質問を浴びせられたが、報道陣の方を見ることもなく、何も語らなかった。また、騒動の渦中には「激ヤセ」とも報じられたが、この日はゆったりした白のワンピース風衣装を着用していたこともあり、大きくやせた様子は見られなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス