文字サイズ

欅坂46 今泉佑唯と小林由依がWセンター デビュー2周年記念ライブ

 アイドルグループ・欅坂46が8日、東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザでデビュー2周年記念ライブを行った。

 デビューからの“絶対的センター”平手友梨奈(16)と志田愛佳(19)が欠場し、19人でのステージ。オープニングではミリオンヒットとなった新曲「ガラスを割れ!」を平手に代わり、今泉佑唯(19)と小林由依(18)がWセンターでカバー、見事なチームワークをみせつけた。

 19人は新曲に加え、16年のデビュー曲「サイレント・マジョリテイー」、ヒット曲「不協和音」、「風に吹かれて」などを披露。写真集が大人気の長濱ねる(19)もソロ曲「100年待てば」を熱唱するなどWアンコールを含め全24曲、参加メンバー全員でライブを盛り上げた。

 キャプテンの菅井友香(22)は「てち(平手)と愛佳(志田)が欠席しましたが、私たちも成長して、安心して戻ってこれる居場所を作っておこうと思います」と2人の復帰を待ち望んだ。

 ライブは6日からの3公演で計2万4000人を動員した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス