文字サイズ

最後のあさイチ…なのに有働アナの声が出ないアクシデント 井ノ原「どこのスナック?」

NHK・有働由美子アナ
1枚拡大

 NHKの有働由美子アナと井ノ原快彦のコンビで8年間放送してきたNHKの「あさイチ」が30日、2人のコンビでの最後の放送を開始した。だが最後の最後で、有働アナが声が出ないというアクシデントが発生。ガラガラ声での登場となった。

 冒頭、最後の“朝ドラ”受けとなり、井ノ原が「明日最終回ですよ、ねえ有働さん」と声をかけるも、有働アナはうなずくのみ。「どうしたんですか?」と聞くと柳澤秀夫解説委員が「ぼくが言おうか?声が出ないの」というと、有働アナはおもむろに「出る」とポツリ。

 だが続けて「やろうと思えば出来てるんですけど」と言った声はガラガラ。柳沢解説委員は「やめたほうがいい」というと、井ノ原も「どこのスナック?」と突っ込んだ。

 井ノ原によると、有働アナは「これでも頑張って5日間お酒抜いてるんですよ。でも昨日引っかけちゃったけど」と説明。有働アナは「あなたたちのせいよ。なんとか頑張るけど」と最後のあさイチに意気込んでいた。

 有働アナの声が出ないため、その後のナレーションは井ノ原が担当していた。

 ネットも即反応し「最後の最後に有働さんの声!」「最終日に声潰しちゃった有働アナ最高に好き」「それにしても有働さん…声」と驚きの声が上がっていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス