文字サイズ

朝ドラ恒例 最終回PV今年は開催中止…ヒロインと視聴者の触れ合い 工事の影響で

 女優・葵わかな(19)主演のNHK連続テレビ小説「わろてんか」に関して、今年はヒロインが参加してファンと最終回放送を一緒に見る恒例のパブリックビューイング(PV)イベントが不開催となることが分かった。1日にNHK大阪放送局で行われた定例局長会見で事情説明が行われた。

 NHKは近年、大阪制作の朝ドラ(毎年後期放送)では、最終回の午後放送を大会場で上映し、ヒロインとファンが一緒に見るPVイベントを行っていたが、角英夫局長は、今年は会場のNHK大阪ホールの工事の影響で、開催が難しくなったことを説明した。

 近年は13年後期「ごちそうさん」のヒロイン・杏がPVステージで号泣したり、今世紀最高視聴率を獲得した15年後期「あさが来た」のPVでは、ファンがイベント後にヒロインの波瑠ら出演者を会場で出待ちして拍手を送るなど、盛り上がっていた。

 「わろてんか」は3月に入り佳境を迎え、戦時中が舞台となる。この日の会見に同席した後藤高久・制作統括は「暗い時代に前を向くためには笑いを、というドラマのテーマになる部分が濃厚に現れてきます。爆発的な笑いが何度が訪れます」と説明。これまで物語の中に仕込まれた伏線の回収描写も、最終回まで続くことも明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス