文字サイズ

GENKING、体も女性に…昨年手術を受け戸籍も変更、本名も「沙奈」

女性として生まれ変わったGENKING
GENKING
2枚2枚

 タレントのGENKINGが29日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、昨年5月に性別適合手術を受け、体も女性となったことを告白。昨年7月に戸籍上も女性となり、本名も女性名に変更。「元輝」から「沙奈」となったことを明かした。

 番組では「GENKINGテレビ初告白」と題して、独占インタビューを行った。GENKINGは物心ついたときから性別の違和感を覚えていたといい、差別的な言葉でいじめられたこともあったという。だが小4の時に姉に金髪に染めてもらってから目立つ存在となり、そこから自信を深めていったという。

 そんな中、謎の美男子としてインスタで注目を浴び始める。女性として生きたいと願いながらも、「自分を守るため」に、自分を「僕」と呼び、美男子スタイルを貫こうとしたが、テレビデビューの際に、心は女性であるとカミングアウトすることに。美男子で心は女性という“ユニセックス”キャラでメディアに出続けた。

 だが嘘をつき続けたことから、心が悲鳴を上げ、16年に心の安定を取り戻すためホルモン治療を開始。胸が大きくなるなど体型の変化に喜びを感じ、昨年5月、タイに渡って性別適合手術を受ける事を決意する。

 「6時間の手術を終え、目が覚めたら女の子になっていて、みんながおめでとう、頑張ったねって(言ってくれ…)。自分で新しい自分を産んだと(思った)」と当時の感激を振り返り感無量の面持ちだ。

 帰国後、性別変更を届け出て、7月に女性として認められ、8月には本名を「沙奈」とした。GENKINGはユニセックスとしてメディアに出ていた頃を思い起こし「ユニセックスでやっていたときは、バラエティとか出させて貰っても、本来はユニセックスじゃないから本心ではやりきれなかった。でも今は本来あるべき姿に戻っているので、GENKING第2章として一から頑張れたら」と、芸能活動再開への意欲をにじませていた。

 また女性となった後の夢について聞かれると「結婚かな。でも結婚するまでお仕事もう一回ちゃんとしようと思う」と柔らかい笑顔で語っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス