文字サイズ

稲垣、草なぎ、香取オムニバス映画 監督に爆問太田!草なぎエピソード担当

 太田光
 元SMAPの3人が出演する映画「クソ野郎と美しき世界」
2枚2枚

 お笑いコンビ・爆笑問題の太田光(52)が、元SMAPの稲垣吾郎(44)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)が出演するオムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」(来年4月6日公開)の短編1作で、監督を務めることが13日、分かった。4作で構成されるが、太田がメガホンをとるのは草なぎ出演のエピソード。2本目の監督作となる太田は、3人の公式サイト「新しい地図」になぞらえ、“宝探し感覚”で撮影に臨むことを宣言した。

 かねて監督業に強い興味を示している太田が、新しい地図を描く3人のために一肌脱ぐことになった。SMAP時代から親交が深く、番組では度々共演。2010年のアルバム「We are SMAP!」では、表題曲を作詞した。3人のジャニーズ事務所退社後も、11月にAbema TV「72時間ホンネテレビ」にコンビで出演。SMAP関連の際どいワードを放つなど大暴れした。

 太田は1991年に、今作同様のオムニバス映画「バカヤロー!4」で監督経験はあるが、20年以上も前からコメディー映画を撮ることが目標。作品内容について、草なぎとタッグを組むこと以外は明かされていないが、得意ジャンルのお笑い系となる可能性もある。

 ほかの2人も頼もしい“パートナー”を迎えた。稲垣の出演作は映画界で異彩を放つ園子温監督(55)、香取の出演作は劇作家やCMディレクターとして活躍する山内ケンジ監督(59)が担当する。キャスト未発表の「Episode4」は、SMAPの「華麗なる逆襲」のミュージックビデオを手掛けた児玉裕一監督(42)のメガホンとなる。

 クランクインは年明け以降で、太田は「どこに宝が埋まっているか分からないところを一歩一歩歩きながら探すような感じで、映画を作っていけたら楽しいかなと思います。もしかしたら地雷が埋まってるかもしれません」とジョーク交じりの意気込み。草なぎも「監督、太田光さんに期待してます。とても楽しみです」と胸を高鳴らせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス