文字サイズ

高田純次 ヘルニア手術受けていた 1月に脱腸の…今年の1字は「術」

 新CM発表会に登場した高田純次=都内
1枚拡大

 タレント・高田純次(70)が7日、都内でマクドナルドの「超グラコロ」と「熟グラコロ ビーフシチュー」の新商品発表会に登場し、今年1月6日に鼠径(そけい)ヘルニアの手術を受けていたことを明かした。今年の1年を漢字1文字で「術」とした上、「1月6日に脱腸の手術をした」と明かした。

 正月にロケ先の茨城県大洗町で倒れ、現地の病院に運ばれてそのまま手術。5日間ほど入院したという。高田は「腹筋を鍛え過ぎて、腸が下がってきてしまったようです。子供にはよくある病気ですが、大人でもアスリートの方がかかるようです」と説明した。高田は2015年1月にも、椎間板ヘルニアの手術を受けている。

 新CMについては「誰もが知っている企業のCMオファーが届いたので、赤飯を炊いてお祝いした。今なら100メートル9秒台で走れそうだよ」と相変わらずのテキトートークで笑わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス