文字サイズ

上沼恵美子、M-1大暴れ審査後の「涙」の理由明かす

上沼恵美子
1枚拡大

 3日に開催された漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2017」で審査員を務めた上沼恵美子(62)が4日、ABCラジオの生番組「上沼恵美子のこころ晴天」(月曜、正午)に出演。ネットで「上沼優勝」と評された大暴れ審査の末に、最後に涙を流した理由を明かした。

 この日の番組で上沼は共演のシャンプーハット・てつじらと今回M-1を振り返った。

 最終決戦でとろサーモンの優勝が決定後に、涙を流した理由を聞かれると「渡辺(正行)さんの涙を見て、ぐっと来たんよ。渡辺さんが、後輩たちが頑張ったことに流した美しい涙に感動したんです」と明かした。

 続けて「なんで私があそこで(自分から)泣かなあかんのよ。何がつろうて泣くのよ」と返して笑わせた。

 番組では、M-1会場の緊張感を「紅白歌合戦以上」と明かす一方で、観客に関して「キャーと言うたら笑うような若いのばっかり。軽いと言えば軽い」との私見も。

 「あの番組は審査員が視聴者に審査される。それがびしびし来る」と、審査員全員が緊張していることを明かしたうえで「昨日は何回か行かしてもらった中で、一番上手な採点をさしてもろたと思ってます。申し訳ないけど自信がある。これで文句言われても仕方がない」と振り返った。他の審査員の採点と差が出ても気にしないとし「昨日確信しました。自分の道やなと。やっと自信持てた」と語った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス