文字サイズ

高須院長、日馬富士にプロレスの勧め「力道山をしのぐ」

高須克弥氏
1枚拡大

 高須クリニックの高須克弥院長が15日、ツイッターを更新し、暴行騒動を引き起こした横綱日馬富士に「プロレスラーに転向すれば力道山をしのぐ」と、プロレス転向を勧めた。

 高須院長は、「昔なら日馬富士は引退して謎の覆面レスラーモンゴルマンになるのかな」というフォロワーのつぶやきをリツイート。そして「いま日馬富士がいさぎよく引退してプロレスラーに転向すれば力道山をしのぐと想います。プロレスが復興します。僕はファンとして歓迎します」と持論を展開。そして「過去のもと横綱のプロレスラーたちはプロレス向きではありませんでした。日馬富士の動きと体型はプロレス向きです」とつぶやいた。

 過去、横綱からプロレスラーに転向したのは輪島、曙、北尾光司(双羽黒)らがいる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス