文字サイズ

山田悠介氏の最新小説 異色のアニメPVで話題

アニメPVのテーマソングを担当したTHE SxPLAY
新たなメディアミックスを展開している山田悠介氏
2枚2枚

 実写化もされた「リアル鬼ごっこ」や「パズル」などで知られる作家・山田悠介氏の最新小説「僕はロボットごしの君に恋をする」が、異色のアニメPVを展開し、話題となっている。

 10月21日の刊行から全国の書店約2000店舗で宣伝用のアニメ映像を公開。曲のプロモーションとしてミュージックビデオが作られることは一般的だが、書籍のPVとしてアニメ映像が製作されるのは初の試みという。

 書籍と同名のテーマソングを女性歌手・THE SxPLAY(ザ・スプレイ)が担当。3日には配信リリースが始まり、山田氏は「小説では表現が難しい部分を、曲で補っていただき本当に嬉しいです」とコメントした。「本が売れない」と叫ばれる時代。本とアニメ、曲が三位一体となった、新たな形での相乗効果が期待されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス