文字サイズ

ふかわ 鈴木砂羽の騒動に自虐「舞台上で喧嘩するよりいい」…昨年、岡本夏生と「戦争」

タレント・ふかわりょう
1枚拡大

 タレント・ふかわりょう(43)が13日、TOKYO MX「5時に夢中!」(月~金曜、午後5・00)に出演。番組で女優・鈴木砂羽の演出舞台を、2人の女優が突如降板して「土下座を強要された」と主張しているトラブルに関して議論が行われたが、ふかわが最後に「少なくとも舞台上で演者同士がケンカするよりはいい」と自虐ネタでまとめ、スタジオが爆笑に包まれた。

 ふかわは昨年、同番組を降板した岡本夏生と、その後の共演イベントを巡ってトラブルとなり、イベントの舞台上で2人が大ゲンカして大荒れとなり、ふかわが後に「NATOに頼むしかないほどの戦場でした」と語っていた。

 ふかわが同イベントで、客席に土下座して謝罪したとも伝えられており、岡本も後日のお詫びイベントで土下座謝罪していた。

 この日の「5時に夢中!」では、鈴木の舞台騒動で双方の主張が食い違う中、美保純が舞台経験などを基にコメントしたが、最後にふかわが、今回騒動が舞台開幕前に起こった問題だったため「少なくとも、舞台上でね。なんか演者同士がケンカするよりは、いいんじゃないかと思いますけどね」と発言。岡本との一件のことは口にしなかったが、じわじわとスタジオに笑いが起こり、最後は爆笑に包まれていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス