文字サイズ

松村邦洋、30キロのダイエット成功姿を披露…入院中の出川も驚かせた

RIZAPの新CM発表会に登場した松村邦洋=都内
RIZAPの新CM発表会に登場した松村邦洋=東京・スターライズタワー
RIZAPの新CM発表会に登場した松村邦洋=東京・スターライズタワー
3枚3枚

 お笑いタレントの松村邦洋(50)が13日、都内で行われたRIZAPの新CM発表会に登場し、30キロのダイエットに成功した姿を披露した。

 松村はスリムになったボディーラインを強調するよう「成人式以来」というスーツ姿で登場。ダイエットをスタートさせた1月に110キロあった体重が現在は80キロまで減ったと明かし「幸せです、本当に。こんな幸せなことはない」と喜びを爆発させた。

 松村は“おデブキャラ”を生かした物まねが売りだが、体重は最も重い時に140キロもあったという。それが災いし、2009年の東京マラソンでは急性心肺梗塞で倒れ、一時は心肺停止に陥る事態にも見舞われた。松村は「50歳になったらいろいろある。もっと長生きしたい。健康になりたい。命あっての物まねですから」と決意し、ダイエットに取り組んだ。

 松村が80キロという体重を味わうのは、高3以来。100センチ以上あったウエストも90台になったという。それを実感するのは「おなかの肉が落ち、靴下が自分ではけるようになりました。首が見えてきて、コブが消えました。普通に階段を歩けるようになりました」という日常生活の変化だそう。

 “変身”を証明する逸話として松村は胆管炎で入院中の出川哲朗(53)を見舞った際のエピソードも披露。「(キャイーンの)ウド鈴木と一緒にかつらで変装して行ったんですね。(最初は)僕だって気が付きませんでした。“まっちゃん、こんなにやせたの。ビックリしたよ”です」と自慢げに明かした。

 当面の目標はリバウンド防止と80キロの維持となるが、松村は「野球をやりたい。草野球でキャッチャーをやって、ランナーを刺したいですね」という。ダイエット効果で声もこもらなくなってきたため「物まねがしやすくなった。また、一からこつこつやりたい。デビュー時代のようにネタを作って」と意気込んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス