文字サイズ

「トミーとマツ」が一夜限りの復活 「黒フェス」で松崎しげる&国広富之が共演

 歌手・松崎しげる(67)が主催する音楽フェス「黒フェス2017~白黒歌合戦~」が6日、東京・豊洲PITで行われ、伝説のドラマ「噂の刑事 トミーとマツ」(1979~81年、TBS系)で松崎の相棒役だった俳優・国広富之(64)がゲストとして電撃参戦。一夜限りの名コンビ復活を果たした。

 「私の相棒を紹介します」。松崎がそうステージから呼びかけると、国広が「懐かしいね~」と舞台の袖から登場した。落語家・三遊亭円楽(67)らを交えて寸劇を披露し、国広は「コンサートやろうぜって全国でやったね」と2人でツアーした日々を懐かしんだ。

 そんな国広に対し、松崎は「(ドラマ開始前に)『あんた芝居できるの?』って聞いたろ。だから俺、コンサートやる時に『あんた歌えるのか?』って同じこと聞いたんだよ。もう1回やりたいよね」と返し、スクリーンに映し出された番組の映像や当時の写真をバックに、ドラマのエンディングテーマ曲「ワンダフル・モーメント」を万感の思いを込めてデュエットした。

 黒の日(9月6日)にちなんで開催のイベントも今年で3回目。松崎は国広との再会を果たした後、「芸能界で1番かわいがってくれた先輩」という坂本九さんの「見上げてごらん夜の星を」を、ももいろクローバーZと、自身の代表曲「愛のメモリー」を西川貴教(46)と共に熱唱。「僕の同級生の半分は亡くなっています。長生きして、生ある限り、9月6日の自分の日に続けていきたい」と黒フェス存続を誓った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス