文字サイズ

宙組新人公演 3度目主演の瑠風「もっと芝居の引き出し増やしたい」

宙組新人公演「神々の黄昏」に主演した瑠風輝(右)と鷹翔千空=兵庫・宝塚大劇場
宙組新人公演「神々の黄昏」に主演した瑠風輝(右)と鷹翔千空=兵庫・宝塚大劇場
宙組新人公演「神々の黄昏」に主演した瑠風輝(右)と鷹翔千空=兵庫・宝塚大劇場
3枚3枚

 宝塚歌劇団宙組新人公演「神々の土地~ロマノフたちの黄昏~」が5日、兵庫・宝塚大劇場で行われた。主演の瑠風輝(るかぜ・ひかる)はこれが3度目の主演。トップスターの朝夏まなとの退団公演でもあり「とにかく朝夏さんを目に焼き付け、学ばせていただきました」と、ストレートプレイに近い、難しい芝居に果敢に挑んだ。

 今回の相手役は、今春に初舞台を踏んだばかりの夢白(ゆめしろ)あや。成績4番で入団した期待の娘役で、大抜擢に応え、大人の女性を懸命に演じた。そんな下級生を引っ張り、主演した瑠風は「どれだけ役を愛し、生きられるかが大切。もっと芝居の引き出しを増やすことが課題です」と目標を高く掲げた。

 また研3の鷹翔千空(たかと・ちあき)が2番手役に。「男役としての立ち居振る舞い、技量がまだまだ追いつかない。でも追いつかないなりに、持てる力は全部出しました」と振り返っていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス