文字サイズ

「ONE PIECE」が初の実写ドラマ化 海外で 作者尾田氏「ファンを絶対に裏切らない」

「ONE PICIECE」実写海外ドラマ化決定への作者・尾田栄一郎氏のコメント=東京タワー(撮影・三好信也)
ONE PICIECEの実写海外ドラマ化の決定を発表する=東京タワー(撮影・三好信也)
2枚

 人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」が米ハリウッドでの制作で、実写ドラマ化されることが21日、発表された。東京・港区の東京タワー内の「東京ワンピースタワー」で行われた週刊少年ジャンプ連載20周年記念の記者発表会で、同士の中野博之編集長が明かした。同作品にとって、初の実写ドラマ化となる。

 作者の尾田栄一郎氏のコメントも紹介された。「20年の間に実写映画化の話はいくつもありました」とした上で、実写化に実際に踏み出そうとしたのは「約3年前」だったと告白。「紆余曲折あり、良いパートナーに出会い、ちょうど20周年を迎える今日、その制作発表に至ったのは実は偶然であり、とても嬉しく思います」と思いをつづった。

 「まず『20年間作品を支えてくれたファンを絶対に裏切らない事。』これが僕からの条件です。不安の声もあがるでしょうが、どうか期待の声をください。そして、胸を躍らせ続報をお待ちください。お楽しみに!!」とファンに向けてメッセージを発信した。

 手がけるのは、「プリズン・ブレイク」で知られるマーティー・アデルスタイン氏の「トゥモロースタジオ」と発表された。しかし、放送時期や日本でどのように作品を見ることができるのか、採用されるエピソードの範囲など、多くの部分について中野編集長は「まだ秘密です」「ノーコメントでお願いします」と多くを語らなかった。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

芸能最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(芸能)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス