文字サイズ

KinKi剛が歌唱復帰…20周年記念イベント、3万人に感謝の歌声

 人気デュオ・KinKi Kidsの20周年イベント「KinKi Kids Party~ありがとう20年~」が15日、横浜スタジアムで開幕し、左耳の突発性難聴を発症した堂本剛(38)が生中継の映像出演で“歌唱復帰”した。

 会場に姿を見せた堂本光一(38)とトークなどで盛り上がったライブ終盤、都内から中継を結んだ剛は8枚目シングル「雨のMelody」の両A面シングル「to Heart」を弾き語りで歌い、「KinKi Kidsとファンの関係性があれば、なんでもできる、なんでもあり。本当に感謝してます、愛してます」と3万人に感謝を届けた。

 今回、剛は完治に至らず完全なパフォーマンスが約束できないことから、会場の出演を断念。チケット払い戻しにも応じたが、ふたを開けてみれば3万人集結の大盛況だった。

 歓声に応えるように序盤から笑いを交え、会場を盛り上げた。剛が生中継となった経緯を紙芝居風に説明して笑いに変えれば、光一も「こんな形でも来てくれて嬉しい。ギリギリまでどうするのがいいか悩みました。ステージ上に防音室を作る?など。でも万全じゃない剛くんを横にできないと思った。ドクターストップだけでなく、“光ちゃんストップ”もかけた」と笑いを交えながら語った。

 歌はデビュー曲「硝子の少年」など数曲を届けた。楽曲「Hey!みんな元気かい?」では、剛が中継場所からアコースティックギターやダンスで参加。お互いの顔写真入りTシャツを着用する場面でほっこりさせれば、会場にはTOKIOの長瀬智也(38)、生田斗真(32)、中継場所にはジャニーズJr.のふぉ~ゆ~が駆けつけるサプライズも。最後は3万人と「Anniversary」の大合唱。涙は見せずに笑顔で締めくくった。

 光一は「本当に感謝しています。皆様と関係性があったからこそ、今日ができました。色々と経てまた2人そろったパフォーマンスをお届けさせて下さい」と2人並んで歌うことを約束。直前まで剛が出演するか見極めていただけに、イベントの内容はなかなか決まらなかったものの、20年の経験とファンとの信頼で乗り越えた。

 記念イベントは16日に閉幕する。2人は今後、20日午後10時から文化放送の3時間生特番「Youたちいよいよハタチだね!~KinKi Kids どんなもんヤ!3時間生放送スペシャル~」でリスナーと共にカウントダウンしながら、21日の20周年を迎える。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス