文字サイズ

MBS石田氏が謝罪 愛人認める…局は「ズブズブ接待」該当しないと判断

 大阪・毎日放送(MBS)の情報番組「ちちんぷいぷい」に主要レギュラーとして出演している、同局の元社会部デスク、石田英司氏が8日の番組で、同日発売の週刊文春で報じられた自身の疑惑についてコメントした。

 番組では、石田氏がNPO法人から受けたと報じられた「ズブズブ接待」に関して、同局調査結果として「放送への影響は一切なかった」「いきすぎた接待を受けた事実はない」との見解が示された。そのうえで石田氏が「不徳の致すところです」と招待旅行に同伴したと報じられた愛人の存在については認め、謝罪した。

 同誌は、石田氏が、今年3月に5億円の私的流用を国税局に指摘された兵庫県のNPO団体の会長と「ズブズブの関係」にあったと報道。同番組が14年7月に同NPOを取り上げていた一方、石田氏が15年6月に4泊6日のハワイ旅行に招待され、愛人同伴で「接待」を受けたとしている。

 この日の番組では、この問題を冒頭で取り扱い、同局古川圭子アナウンサーが文春報道を「NPO法人から石田英司が飲食の提供を受けたり、ハワイ旅行に招待されたりしていたという記事が掲載されました」と説明。そのうえで「このNPO法人の活動はかつて『ちちんぷいぷい』などで取り上げたことがありますが、MBSの調査の結果、記事にある飲食や旅行が放送に関して影響を与えたことは一切ありません。また飲食や旅行につきましても、いきすぎた接待を受けた事実はありませんでした」と同局の見解を明らかにした。

 そのうえで画面は石田氏に切り替わり、石田氏は神妙な面持ちで「いろいろと私事でお騒がせしております」としたうえで「記事の中にはプライベートな部分も書かれておりましたが、その部分に関しては私の不徳の致すところです」と述べた。「愛人」に関する部分を指しているとみられ、「申し訳ありませんでした。今後改め襟を正してまいります」と謝罪した。

 石田氏は番組の全曜日に主要レギュラーとして出演し、政治経済などを中心に解説・コメントしている。関西では有名な存在で、番組ポスターには着物姿の母親に扮した女装で登場している。厳しいコメントを展開し、かつて橋下徹前大阪市長とバトルになったこともあった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス