文字サイズ

NEWS小山&KAT-TUN中丸 6年ぶりMCコンビ復活

 NEWSの小山慶一郎(33)とKAT-TUNの中丸雄一(33)がグループの垣根を越えてタッグを組み、6月14日放送のフジテレビ系バラエティー特別番組「おたすけJAPAN」(後7・00)のMCを務めることが14日、分かった。2人は2006~11年にNHK-BSプレミアムの音楽バラエティー「ザ少年倶楽部」初代MCを務めており、6年ぶりのコンビ復活となる。また、KAT-TUNの上田竜也(33)は海外ロケに挑んだ。

 久々の“黄金コンビ”結成となった。

 小山&中丸が6年ぶりにMCを務める特番は、“おたすけサポーター”役の芸能人が、世界で困っている人々の問題を現地で解決するバラエティー。日本テレビでニュースキャスターを務める小山とテレビ朝日でバラエティー司会を務める中丸を通じ、子供にも世界を知るきっかけになればと起用された。

 地上波で初めて進行役を務める2人は、“おたすけサポーター”の海外ロケをVTRで見ながら、上田らと共にスタジオトークで盛りあがった。小山は「僕が振って中丸くんにボケてもらうような、6年前の時と同じような関係性でやらせていただきました」と手応えを明かし、中丸も「6年前の感じがよみがえった。当時、ずっと小山くんに甘えていたので、すぐに頼ってしまいました」とあうんの呼吸を振り返った。

 中丸、上田が在籍するKAT-TUNは現在、充電期間中。インドネシアで乱発する落書きを消すため、日本が誇る高圧洗浄機を手に王家遺産の洗浄を行った上田は、水圧で傷をつけたら「KAT-TUNの責任」と慎重を期して臨んだ。中丸は「明らかに上田個人の問題だと思います」と突き放すと見せかけ、「KAT-TUNは絆の深いグループ。僕も責任を取る覚悟でVTRを見ていました」とフォロー。今年に入ってテレビやイベントで再会した上田との共演を楽しんだ。

 番組の反響次第で“レギュラー昇格”も期待されるが、小山は「次回は増田(貴久)あたりにロケをやらせたい。手越(祐也)はもう世界慣れしている。そういった広がりも今後あるかも」と第2弾とNEWSメンバー登場を望んでいた。

 ほかに、河北麻友子(25)、篠原信一(44)らがロケに挑んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス