文字サイズ

梅宮辰夫 ロバート秋山「体モノマネ」と共演 「俺が死んでもやってくれよ」

ロバート秋山(左)の体をまじまじと見つめる梅宮辰夫=北九州市内
3枚

 俳優の梅宮辰夫(79)が30日、北九州市内で行われた、40歳を祝うイベント「北九州市合同同窓会 二度目の成人式」にゲスト出演し、同市出身で観光大使を務めるお笑いトリオ・ロバートと共演した。ステージではロバートの秋山竜次(38)は梅宮本人を前に得意の「体モノマネ」を披露。梅宮は自身の写真を見ながら「日焼けサロンはだめだよ」と冷静にツッコでいた。

 同イベントは、2017年度に40歳を迎える北九州ゆかりの男女が集まり、「これまでの40年間を振り返るとともに、今後の40年の生き方を見つめ直すことで、互いの関係を深め合う」(2度目の成人式実行委員会)ことを趣旨に開催。今年が初開催で、主催者によると、この日は40歳を中心に1100人が集まった。

 ゲストには、北九州出身で同市の観光大使を務めるお笑いトリオ・ロバートと、梅宮が駆けつけた。ロバート・秋山が梅宮公認の「体モノマネ」をしていることが縁で、来春80歳になる梅宮との共演が実現した。

 ステージでは秋山が上半身裸になり、本人を前に梅宮の「体モノマネ」を披露。会場の爆笑を誘った。最初に体モノマネを見た時の感想を尋ねられると梅宮は「(当初は内心)すごく心配だった。やったけど全然ウケなかったというと、俺の恥にもなるし。余計なことをしてくれない方がよかったと思うじゃない。でも、今はコマーシャルにもしっかり出れるようになったから、俺としては拍手してます」と穏やかな表情で話し、秋山の芸をたたえた。

 秋山は「ありがたいです」と恐縮。梅宮から「どうせなら長く続けて、俺が死んでもやってくれよ」と励ましの言葉をもらうと、「この際、体をもっとしぼろうかな。それでこそ完コピですからね。この芸はひたすらやりますよ」と決意を新たに。そんな秋山に梅宮は「日焼けサロンはだめだよ。太陽で焼いてくださいね」とアドバイス。

 秋山は「そうなんですけど、冬場はそれしかないんですよ。それで冬に梅宮さんに相談したんですよ。どうしたらいいですかと。そうしたら『パプアニューギニアで焼くんだよ』と。そんなのできるの、あなただけでしょう(笑)」とツッコんでいた。最後に「来年もこのイベント、僕らと一緒に出ていただけますか?」と秋山らが尋ねると、梅宮は「いいですよ」とふたつ返事で答え、ステージをあとにした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス