文字サイズ

吉本新喜劇の中山美保さんが死去、78歳 肺血腫による呼吸困難

吉本新喜劇で活躍した中山美保さん
吉本新喜劇で活躍した中山美保さん(中央左)
亡くなった中山美保さん
3枚3枚

 「吉本のミポリンよ」などのギャグで人気を集めた、吉本新喜劇の女優、中山美保(なかやま・みほ=本名、石田美保子)さんが肺血腫による呼吸困難のため2月7日に大阪市内の病院で亡くなっていたことが4日、分かった。78歳だった。葬儀は近親者らで済ませた。

 中山さんは2009年12月に新喜劇に出演後、体調を崩し、「再生不良性貧血」という難病と診断され、その後は自宅で療養を続けていた。

 中山さんの出身地は吉本が1991年に発行した「よしもと新喜劇BOOK」ではインドネシアのジャワ島。07年発行のプロフィールでは徳島県になっている。

 1967年に吉本入り。当時の吉本新喜劇にあっては随一の美人で、20~30代の頃は、ヒロイン役として山田スミ子、片岡あや子らと新喜劇を引っ張った。容姿に恵まれていたことから、新喜劇女優にありがちな容姿をネタにされることもなかった。

 しかし、年齢を重ねるうちに年相応の役どころに落ち着くように。目尻や首筋などのしわをイジられるようになり「これは飾りよ」と、開き直ってとぼけるギャグなどを放つようになった。女優の中山美穂が82年にデビューして以降は「吉本のミポリンよ」という定番ギャグを持つようにもなった。

 90年代には関西のテレビ番組にレギュラー出演し、若手時代のダウンタウンとも共演。以降も新喜劇をベテラン女優として支えていたが、2010年代に入り、舞台を離れていた。

 昭和の漫才王、横山エンタツ・花菱アチャコのエンタツさんの長男と結婚。最近は夫のつてをたよって沖縄県石垣島で療養していたと話す関係者もいる。夫はすでに亡くなっているという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス