文字サイズ

嵐・櫻井 慶大卒業式の秘話「誰もいない校舎でお袋と写真」

 嵐の櫻井翔(22)が16日、フジテレビ系で放送された「VS嵐」(木曜、後7・00)で大学の卒業式の秘話を語った。櫻井は2004年3月に慶応大学経済学部を卒業し、日吉キャンパスで行われた卒業式に出席している。

 超人気アイドルが芸能活動と並行して名門大学を卒業するという当時は珍しかった状況で、大勢のマスコミが卒業式の取材に駆けつけた。櫻井は自身で購入したというアルマーニの黒いスーツに身を包み、「部活をやっている人の方が大変。仕事との両立が特に大変だったとは思わない」と話した。

 小学校から16年間慶応で育ち、中学2年から仕事を始め、学業との両立を貫いた。「試験中は睡眠時間が週8時間の時もあった」と1日1時間ほどしか眠ることができない日もあったことを明かしていた。同級生との触れ合いも大事にし、多忙なスケジュールの合間に友人と韓国、中国へ卒業旅行にも行ったという。

 大学の卒業式についてこの日の番組で「でっかいホール(日吉記念館)みたいなところで、(会見した)。(取材があったこともあって)写真撮れなかった、親と」と振り返り、「誰もいない校舎で、お袋と2人で写真撮らせてもらったの、覚えてる」と懐かしそうに明かした。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス