文字サイズ

サンテレビ社長、最初は「エッ」 …AKB中村麻里子の入社試験応募に

 AKBを卒業して女子アナに挑戦する中村麻里子
「あん誰ファイナル!」に出演する(左から)中村麻里子、伊豆田莉奈=東京・六本木
日本を元気に!とエールを送る(左から)中村麻里子、島田晴香、竹内美宥=東京都・中央区(撮影・会津智海)
救命体験を終えポーズをとるAKB48のメンバー(左から)中村麻里子、藤江れいな、大場美奈、小嶋菜月=東京・広尾の日本赤十字看護大学(撮影・北野将市)
4枚4枚

 AKB48の中村麻里子(23)が、今月いっぱいでグループを卒業し、4月から兵庫県の独立放送局であるサンテレビジョン(神戸市)に契約アナウンサーとして入社することが15日、分かった。迎え入れる同局の沼田伸彦社長は契約アナウンサーの応募者のなかに、中村の名前がエントリーされていると人事担当者から聞き「最初はエッっていう感じでした」と驚いたという。

 その後、面接などで「アナウンサーの経験はないが、しゃべりの方はしっかりしているという報告を受けている」と言う。沼田社長はまだ本人と会ったことがないが、「楽しみに待っています」と対面する日を心待ちにしている。

 サンテレビ(本社・神戸市)は阪神戦をゲームセットまで中継する放送局として阪神ファンに愛され続けている。試合中継だけでなくシーズンオフの応援番組「熱血!タイガース党」も人気。また、昨年からはメーン司会にタレント・三船美佳を据えた情報番組「午後キュン」も放送している。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス