文字サイズ

中尾彬、志乃夫妻の終活…思い出の写真1万点超を焼却「邪魔なだけ」

 俳優の中尾彬、池波志乃夫妻が、13日放送の「結婚したら人生劇変!○○の妻たち」(TBS系、月曜、後7時)に夫婦そろって出演し、人生の終え方を模索する“終活”について明かした。

 07年3月に中尾が肺炎をきっかけに多臓器不全に陥ったことをから、人生の終わりを考えるようになったという。昨年には沖縄と千葉に中尾が所有していたアトリエを手放した。その中に置いていた趣味の本やアンティーク家具も知人に譲渡し、残された人が処分に困るものを減らしている様子が伝えられた。

 葬式はやらない、自分が入る墓は自分でつくる、といった夫妻の終活ぶりが紹介される中、夫婦の思い出を納めた約1万点以上の写真を焼却してしまったことも明かした。志乃はインタビューで「ついでくれる子供もいないんだし、邪魔なだけだから。びっくりするほどたくさんの写真をまとめて、これ全部処分してくださいって燃やしちゃいました」と説明し、スタジオの共演者や観客を驚かせた。

 中尾も「終活ってけじめをつけること。ズルズルやってもしょうがないんだよね」。いつかは来る妻との別れについては「最期の一言、ありがとうと言うか、言わないか。かみさんに対してはありがとうよりもっとすごい言葉はないかと。ありがとうで始末したくない」と思いを巡らせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス