文字サイズ

清水富美加、新作映画降板…代役は石橋杏奈 関ジャニ丸山主演作7日間撮影ずみ

幸福の科学への出家を表明した清水富美加
1枚拡大

 女優・清水富美加(22)が、出演予定だった関ジャニ∞の丸山隆平(33)の単独初主演映画「泥棒役者」(11月公開)を降板することが16日、映画プロデューサーへの取材で分かった。すでに7日間、撮影を行っていた。清水は12日に宗教法人「幸福の科学」に出家し、宗教家として「千眼美子」の法名で活動することを表明している。

 また、清水の代役は女優・石橋杏奈(24)が務めることが急きょ決定した。市村正親(68)、ユースケ・サンタマリア(45)らも映画に出演しており、お蔵入りは考えられない状況。清水と同世代で演技力にも定評のある石橋に白羽の矢が立った。

 プロデューサーによると、清水は主要キャスト8人のうちの一人として出演予定だった。1月26日のクランクインから2月3日まで、7日間の撮影に参加した。今月5日の撮影は、所属事務所から連絡があり欠席。8日の撮影も「インフルエンザ」と説明され、休みとなった。清水がツイッターを更新した11日に騒動の経緯の説明を受けたという。

 当初2月末までだった撮影は、3月にズレ込む見通し。清水に発生すると見られる違約金について同プロデューサーは「協議中です。費用がかかっているのは確かなので…」と対応に追われていた。

 代役が決まったことで、撮り直しのスケジュール調整も急ピッチで進められることになるが、撮影は「丸山さんを含めキャストの方は撮り直しとなります」と回答。清水の出家騒動はジャニーズにも影響を及ぼしている。

 映画は朝ドラ「とと姉ちゃん」の脚本を手がけた西田征史氏が自身演出の舞台をリライトし、監督・脚本を手がける群像喜劇。丸山は周囲に勘違いされ「泥棒」「豪邸の主人」「絵本作家」「編集者」の4役を演じるハメになる主人公を演じる。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス