文字サイズ

「ぶっちゃけ寺」突然の最終回視聴率11・7%

爆笑問題の太田光(左)と田中裕二
1枚拡大

 異色の“お坊さんバラエティ”として話題だったテレビ朝日系「ぶっちゃけ寺」(月曜、後7・00)の最終回となった13日放送「ぶっちゃけ寺&Qさま!!豪華2本立て3時間SP」の平均視聴率が、関東地区で11・7%(関西地区11・8)だったことが14日、わかった。

 「ぶっちゃけ寺」は爆笑問題がMCを務め、2014年9月の深夜番組からスタート。15年4月から現在のゴールデン枠に移行した。「お坊さんの修行」「お墓の常識」などの内容から、最近は「行列が出来るお寺社ランキング」や旅モノなど、企画内容が変化していた。

 13日は、エンディングで突然「さて、これまでおよそ2年にわたってお届けしてきたお坊さんバラエティ『ぶっちゃけ寺』ですが、実は今夜でお別れとなります。これまでお世話になった全国のお寺やお坊さん、そして放送を楽しみにしていてくれた視聴者の皆様、本当にありがとうございました。またいつか、お会いしましょう」とナレーションが流れ、番組終了を告知。爆笑問題のあいさつの場面などはなかった。

 (視聴率はビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス