文字サイズ

窪塚洋介 日本政府を批判「弱者に目も向けない」

映画「沈黙-サイレンス-」の初日舞台あいさつを行った(左から)塚本晋也、浅野忠信、窪塚洋介、小松菜奈、イッセー尾形=東京・TOHOシネマズ スカラ座
映画「沈黙-サイレンス-」の初日舞台あいさつを行った(左から)塚本晋也、浅野忠信、窪塚洋介、小松菜奈、イッセー尾形=東京・TOHOシネマズ スカラ座
映画「沈黙-サイレンス-」の初日舞台あいさつを行った浅野忠信(左)と窪塚洋介=東京・TOHOシネマズ スカラ座
3枚

 俳優の窪塚洋介(37)が21日、都内で行われた米映画「沈黙-サイレンス-」の初日舞台あいさつで「弱者」に対する政府の姿勢に疑問を投げかけた。

 映画はマーティン・スコセッシ監督(74)が江戸初期の長崎を舞台に隠れキリシタンへの弾圧を描いた。司会者から「社会的弱者に対するこの映画のメッセージは?」と質問されると、窪塚は「2011年の3月11日に東北大震災(東日本大震災)が起こってたくさんの弱者が生まれました。なのに、この国のみっともない政府の連中は他の国には1兆、2兆、3兆円とオレたちの血と汗の税金を使って、ばらまき倒して自分の国の弱者には目も向けないじゃないですか」と厳しい言葉で現状を分析した。

 その分析を踏まえ、窪塚は映画のテーマになぞらえ「神が沈黙しているのなら、自分の心に答えを見つけて前に進んでいかなきゃいけない。重い映画だけど、オレたちを導いてくれるし、今の時代に必要だと思う。マーティン・スコセッシ監督は命がけです」と強調した。

 世界的な映画監督でもある塚本晋也(57)も「一生懸命やってきた一般の人々を力で押しつぶそうと歴史は延々と繰り返してきた。日本は70年そんなことがなかったと喜んでいるが、ウカウカしていられない状況になってきた」と警告。ただ、台湾での撮影はユーモアを交えながら「殉教を覚悟してました。僕は監督としては役者に危ない目はさせないんですけど、大波をかぶるシーンは『ヤベー』と思いました。鼻に水が入ってセリフがしゃべれない。付け歯もぶっ飛びましたからね」と明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス