文字サイズ

巨人野球賭博「中胴元」 山口組系関係者を逮捕

 プロ野球巨人の野球賭博事件で、警視庁組織犯罪対策4課は11日、名古屋市に住んでいた大学院生(27)を客に野球賭博を開いて手数料を得たとして、賭博開帳図利の疑いで横浜市の指定暴力団山口組系組関係者、無職三輪正行容疑者(35)を逮捕した。

 捜査関係者によると、三輪容疑者は、笠原将生(26)、福田聡志(33)の両元選手ら末端の客を相手にする「小胴元」から賭け金を集める「中胴元」という。同課は、有力な暴力団関係者が務めることの多い「大胴元」が上位にいるとみて捜査するとともに、賭け金が組の資金源になったとみて調べている。

 同課は大学院生らを小胴元とするルートと、笠原元選手らを客に賭博を開いていた元飲食店経営者(38)=同罪で有罪確定=を小胴元とする2ルートで捜査。後者では昨年9月、中胴元だった別の山口組系組幹部(43)ら3人を逮捕しており、両ルートで暴力団の関与が明確になった。

 福田元選手は賭博罪で罰金刑が、笠原元選手は昨年10月、賭博開帳図利ほう助などの罪で有罪が確定した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス