文字サイズ

ジャニーズ「カウコン」11・6% 視聴率一気に跳ね上がる…SMAP解散の時

 昨年大晦日から元日にかけ、年またぎで放送されたフジテレビ系「ジャニーズカウントダウン2016-2017」(12月31日、午後11・45)の視聴率が11・6%を獲得したことが2日、分かった。

 同日に東京ドームで開催された、ジャニーズ事務所のアーティストが勢揃いするコンサートの模様が1時間、中継放送された。直前の番組から、視聴率が一気に8%上昇し、深夜に高い数字をマークした。

 新年を迎えた午前0時は、大晦日をもって解散したSMAPが28年のグループ活動を終えた瞬間でもあった。

 番組では、TOKIOの長瀬智也や、V6の森田剛、滝沢秀明らオールスターメンバーが、年明け後のジャニーズシャッフルメドレーで、SMAPの「オリジナルスマイル」を歌唱した。

 また同コンサートの最後には、長瀬が「SMAPに拍手を!」と叫び、5万5千人の観衆から拍手がわき起こった。(数字は関東地区 ビデオリサーチ日報調べ)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス