文字サイズ

小嶋陽菜、まゆゆを“爆上げ” 自分で選んだ他メンバーには「ショボい」

 来年2月にグループ卒業コンサートを控えるAKB48の小嶋陽菜(28)が21日、東京・秋葉原の本拠劇場で、セルフプロデュースする「好感度爆上げ公演」の初日を迎えた。

 「会いに行けるアイドル」がコンセプトとあって、AKBの原点である劇場公演。デビュー当初、小嶋は最大で年間216回もこなしていたが、ソロ仕事も多い近年は激減し、今年はわずか3回のみ。巣立ちが近づく中、“本心”を丸出しにしたネーミングのステージを手掛け、ファンへ恩返しすることになった。

 メンバーで公演をプロデュースするのは、高橋みなみ(25)に次ぐ2人目で、選曲や人選を担当。小嶋のアイドル史を振り返るVTRで幕が開け、伊豆田莉奈(20)、島田晴香(23)ら知名度が低めの顔ぶれとオープニング曲「スカート、ひらり」を歌い始めるも、すぐさま中断させた。

 「何、このショボいメンバー。さっきは(VTRに)あっちゃん(前田敦子)、(大島)優子ちゃんとかいたじゃん!?これが今のMAX?」。自身で選んだにもかかわらず大暴言を放って、「カワイイとか、ヒマなメンバーを集めた寄せ集め公演になってます」と説明。同期の峯岸みなみ(24)は「最後まで小嶋さんに振り回されたいと思います」とあきれ顔を浮かべた。

 主要メンバーがドラマ撮影中であることを“飛車角落ち”の理由としていたが、アンコールでエース級の渡辺麻友(22)が登場。地味な?雰囲気を一変させた渡辺に、主役は「ホントに助かったよ。1番の花!!」と感謝しきりだった。同公演は今後、不定期で開催。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス