文字サイズ

ハリウッド帰り スピルバーグ監督作出演の森崎ウィン、久々熱唱

 PrizmaXの(左から)福本有希、黒川ティム、森崎ウィン、清水大樹、島田翼=東京・新木場のスタジオコースト
1枚拡大

 男性5人のグループ「PrizmaX」が20日、都内でワンマンライブを行った。

 ボーカルの森崎ウィン(26)がスティーブン・スピルバーグ監督(69)の新作「レディ・プレイヤー・ワン」(18年3月公開予定)の主要キャストに抜てきされ、撮影のため6月上旬から9月末まで渡米。ハリウッド式の撮影を「スティーブンは毎朝『ハロー、フレンズ!!』とハグしてくれる。神様みたいな感覚だけど、人間味あふれるおじいちゃんでした」と振り返った。

 8カ月ぶりに5人そろったライブではファンから「お帰り」の声も飛び、新曲「Someday」など20曲を披露。来年3月29日に初アルバムをリリースすることを発表した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス