文字サイズ

フラチナリズム 赤ふん姿で武道館公演を宣言「ワンマンをやりたい」

 赤ふんどし姿で改修前までに武道館公演を宣言したフラチナリズムのボーカル・モリナオフミ=東京・中野サンプラザ
1枚拡大

 4人組バンド・フラチナリズムが19日、東京・中野サンプラザでワンマン公演を行い、改修に入る2019年9月までに東京・日本武道館ライブを実現させると宣言した。

 この日の公演名「満員になったら武道館」に大前進する2000人のファンで、会場が埋まった。16日に発売された両A面シングル「涙の雨がやむ頃に/ズコ☆バコ」など16曲を披露し、タレント・JOY(31)らを招いた「ものまね紅白歌合戦」で笑いも届けたボーカルのモリナオフミ(33)は「改装工事よりも前に武道館でワンマンをやりたい」と“有言実行”への思いを口にした。

 12年12月から東京・王子を中心に“流し”を始めたバンドは、15年6月にタレントの大木凡人(71)をボーカルに迎えるも、大木は2週間で脱退。その後、同年8月にミニアルバム「裸一貫」でメジャーデビューを果たし、着実に成長してきた。今後も“流し”は続ける。モリは「1万人の顔見知りってすごくないですか?」と地道な活動を聖地公演へつなげることを誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス