文字サイズ

熊田曜子 高校時代のあだ名は「ブタゴリラ」 高校の先輩・綾野剛の存在で変わる

 タレントの熊田曜子が8日、日本テレビ系「解決!ナイナイアンサー」に出演し、16歳当時は「ブタゴリラ」とのあだ名を付けられていたことを告白した。やせることを決意したのは高校の先輩で俳優の綾野剛の存在だった。

 熊田は高校時代、テニス部に所属。毎日みっちり練習し運動不足とは無縁の生活だったという。熊田は「朝練が終わってもうお弁当を食べちゃう。起きてから夜寝るまでに一日5食でした」と振り返った。

 授業中もクッキーにチョコレートが入ったお菓子を食べ、何箱も平らげた。昼食には食パン一斤を食べ、自宅での夕食後はアイスクリームをどうしてもやめることができなかったという。熊田は「ファミリーパックを1人で食べた」と話した。

 ついに体重は60キロを超えた。男子からは「おーい、ブタゴリラ。お前だよ」とからかわれたという。熊田は「すごいショックで悲しかった。顔は笑ってるけど本心ではすごい傷ついてました」と話した。

 変わるきっかけは高校の一つ上の先輩、綾野剛の存在だった。熊田は「剛先輩は同じ高校。陸上部でカッコ良くて運動もできた。スーパースターでした」と綾野について振り返り、「次元が違いすぎて雲の上の存在。ちゃんとしなきゃと思った」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス