文字サイズ

川中美幸 母との時間優先で独立へ

 デビュー40周年を迎えた演歌歌手の川中美幸(60)が、今年の3月31日をもって19年間所属した事務所「アルデル・ジロー」から独立することが23日、分かった。すでに後援会に向け独立のあいさつ状を発送。今後は個人事務所を立ち上げ活動する。

 関係者によると、独立の理由は、川中が90歳になる母・久子さんと過ごす時間を確保するため。久子さんは3年前に心筋梗塞で倒れ、現在も体調が思わしくない。「母親の最期はしっかり見届けたい。事務所のスケジュールに縛られることなく、ある程度、自由に活動できる状態にしたい」と事務所に申し入れ、話し合いを続けていた。

 最終的に、事務所側も受け入れ、3月いっぱいの契約を更新しないことで合意。「トラブルもなく円満」という。

 常々、「中学の時に歌手になるために上京した自分が今、母と一緒にいないときっと後悔する。一緒にいてあげたい」と話していた川中。今年はデビュー40周年の記念イヤー。多くの計画も白紙にし、母との時間を中心に活動していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス