文字サイズ

郷ひろみ サマソニ一瞬で“ホーム”に

 観客の心をわしづかみにした郷ひろみ=幕張メッセ(撮影・三好信也)
1枚拡大

 歌手の郷ひろみ(59)が16日、千葉・幕張メッセで開催された国内最大規模の夏フェス「SUMMER SONIC 2015」に出演し、RAINBOW STAGEで超満員の1万人を沸かせた。節目の還暦イヤーに迎えた大型フェス初出演。いつもとは客層の違う“アウェー”のステージをあっという間に“ホーム”に変え、汗だくになりながら「クセになりそう」と笑顔を浮かべた。

 20代前半とおぼしき美女が、郷のパフォーマンスに「マジ、ヤバイ!!」と叫んだ。全身を情熱の真っ赤な衣装で包んだ郷は出だしから全開。1曲目の「GOLDFINGER’99」で早速、ジャケットを脱いで、シャキーンと身にまとう、ジャケットプレーを披露。「テレビでは見てても、ライブは初めてという方に、すべての郷ひろみを見てもらいます!!ゴォ~ウ!!」と惜しみなく、ターンや投げキッス、妖艶な腰フリ…。120%の郷をGOさせた。

 自身のライブでは8割以上が大人の女性ファンだが、この日の観客は若年層を中心に男女比がほぼ半々という“アウェー”状態。初出演のサマソニに「楽屋を見ると知らない横文字の名前が多くて」と笑わせたが、自らのペースに持ち込むのはあっという間だった。

 誰もが知る代表曲をフェス仕様にアレンジし、「男の子 女の子」でGO!GO!の合いの手が飛ぶなど、会場を郷色に染めた。

 今年はサマソニを含め4つの夏フェスに身を投じる。「常に変化したいと思う。その先に進化がある。次々に変化して、60代を型作り(今と)違う郷ひろみを確立していきたい」。日々のトレーニングに加え、この日のために100メートルダッシュ5回を取り入れてきた郷は、ライブの最後にステージを2往復半、走り回った。

 飽くなき欲求が59歳を突き動かしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス