文字サイズ

“ふんどしバンド”メジャーデビュー

 フラチナリズムの(左から)田中優太(ギター)、モリナオフミ(ボーカル)、都築聡二(ドラム)、タケウチカズヒロ(ベース)
1枚拡大

 4人組“ふんどしバンド”フラチナリズムが、メジャーデビューすることが22日、分かった。8月19日にミニアルバム「裸一貫」を発売するが、同月中に5000枚を売り上げなければ即契約解除という、背水の陣でのデビューとなる。

 “お祭りバンド”を極めようと、12年に代表曲「KAN&PAI」で“ふんどしパフォーマンス”を始めてから人気に。ふんどし姿で歌うボーカルのモリナオフミ(31)は「お祭バンドを語る以上、男ならやらねばならぬ。『脱げばいい』ということではなく『脱ぐエンターテインメント』を突き詰めたい」を哲学に、“ふんどし道”をまい進する。

 10年に地元・高知で結成。以後、八王子や札幌に移住し、流しで飲み屋街を巡る地域密着型で地道に力を付けてきた。現在、地元企業100社がスポンサーとなり、活動をサポートしているという異色ずくめのバンド。23日に東京・八王子でワンマンライブを行う。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス